TOP>Google>Google Maps APIのKMLファイルとSEO

台湾旅行地図では70箇所くらいの地点を表示している。HTMLのメタタグ以外に「台湾地図」「台湾観光」等の単語は一つも入っておらず、XMLからデータを読み込んでいるのでSEO的にどうなんだろう?と思った。(いまさら・・・)
そこで「台北・地図」で検索をかけてみると、Googleで37位。Yahooだと本体じゃなくて親サイトの台湾に住む日本人の台湾が37位。少なくても本体は50位には入っていない。

当然SEOなんてミズモノだから、あまり深くは考えないのだがやはりYahooはHTML内に地図等の単語が入っていたほうが有利っぽい。極端な話h1・h2に数個、それっぽいキーワード+地図を入れておけば、なんだかスパムっぽいけど「地図」サイトとして認識されるような気がする。あとは外部リンクの数かな??

なのでYahooはほうっておいて(放ってはいけないんですが)、GoogleにKMLファイルをインデックスさせようと思う。公式GoogleMapsAPIブログ「Three new KML resources up」によるとKMLを作成・アップロードする事で

  • サイト内の場所データがGooglebotに認識される。
  • するとGoogleMapsやGoogleEarthの検索結果に反映される。

まぁ当然やっておいた方がいいのだが、僕はメモ帳でxmlを作っているのでメンドクサイ・・・。

GoogleMapsにおける基本的なKMLの書式は

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
  <kml xmlns="http://earth.google.com/kml/2.1">
    <Placemark>
      <name>東京タワー</name>
      <description>実は生まれてから一度も上った事がないのですよ。</description>
      <Point>
        <coordinates>経度,緯度</coordinates>
      </Point>
    </Placemark>
  </kml>

GoogleMapsでは緯度・経度の順番なのだが、KMLでは緯度・経度の順なので注意。このファイルを拡張子.kmlで保存。
次にsitemap.xmlを次のように作成。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
  <urlset xmlns="http://www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9">
    <url>
      <loc>http://www.地図サイトのurl/先に作成したkml(〜..kml)</loc>
    </url>
  </urlset>

この二つをアップロード。より詳しい説明は下記のURLで

もちろんSeesaaではトップページと同じディレクトリにアップロードができないので、結局地図コンテンツ(HTML)をhttp://maoxiong.up.seesaa.net/に集中させなくてはなりません。
有料でもいいからもっと充実したプレミアム版を期待しています。



posted by パンダ at 17:56 |Comment(0) | Google
ブックマークに追加: はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

Google Maps API関連記事