TOP>Google>Google Maps APIとPicasaウェブアルバムのマッシュアップ

Google Maps APIブログの「Geotagged Picasa JSON/KML Output + Driving Directions = Instant Scenic Tours!」にあるPicasaウェブアルバムとのマッシュアップ(だけ)を早速試してみた。
サンプル

公式のサンプルページでは、GDirectionや、toggle機能を備え付けているので一見すると、ちょっと複雑なコードなのだが、写真を貼り付けるだけならKMLファイルをオーバーレイするだけなので、実はものすごく単純な処理。

var albumKML = "http://picasaweb.google.com/data/feed/base/user/kadajp/
albumid/5078431287074407041?kind=photo&alt=kml";
geoxml = new GGeoXml(albumKML);
map.addOverlay(geoxml);

これだけ・・・。PicasaでのKML取得の手順は

  1. Picasaの各アルバム内の画面のRSSをクリック。
  2. URLの
    http://picasaweb.google.com/data/feed/base/user/kadajp/
    albumid/5078431287074407041?kind=photo&alt=rss&hl=en_US
    
    赤字の部分を
  3. alt="kmlにする。
  4. 上のコードのvar albumKML = "3のURL";

最近思うのだが、普通にブログにGoogle Mapsを貼り付けるだけならこういった形でKMLやGeoRSSを貼り付けるだけでいいような気がする。例えばマイマップでマーカーを作ってそれをKMLを出力して、自分のブログ内の地図にオーバーレイ。そっちの方がはるかにラク。マーカー一つ一つのlat,lngを調べる必要もない。

サイドバーを付け足したり、カテゴリー別に分けてみたり色々いじってみたい場合には向かないが、Google Maps APIとしては、KMLやGeoRSSの利用をユーザーに促すことによって、巨大なデータベースを構築しようとしていると思われる。(まぁ根拠はありませんが。)



posted by パンダ at 17:55 |Comment(0) | Google
ブックマークに追加: はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

Google Maps API関連記事