TOP>台湾の事

カテゴリー内記事一覧

1

昨日のニュースなのだけど、有名デザイナーがデザインした「I am not a plastic bag」なるバックが大流行だそうで、台湾の各デパートで発売開始。

前日から行列が出来たのはまぁ分かるとして、

  • 行列に割り込む
  • ウソの看板(「行列はここまで!」)なんてものを持ち出す人が現れる。
  • 違う入り口に一晩並んで大騒ぎ→警察が出動

ちなみに多くの人は転売目的。台湾人らしいと言えば台湾人らしいだが台湾人のヨメ曰く「恥ずかしい人達」

下がYouTubeの動画。



posted by パンダ at 00:09 |Comment(25) | 台湾の事
ブックマークに追加: はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク

産経新聞の記事「【台湾有情】台湾のアイドル」にこんな事が書かれていた。内容をまとめると、「台湾人気アイドルS.H.Eの新曲「中國話」の歌詞に中国人を賞賛するような部分があって、それが台湾国内で「中国に媚を売るな」と反発をくらった。台中間の感情的対立は深い。」

あきらかに台湾を知らない人が書いた記事だなぁと思う。台湾独立に対するメジャーな世論は「現状維持派」。基本的に一般的な台湾人は戦争なんかしたくない。もちろん独立はしたいが、台湾は実質的に国家。そうでなければ「台湾パスポート」で世界各国を回り歩くことなんかできない。
(政治家による)派手な独立運動を嫌う人も多いし、中国に駐在する会社員も年々増加傾向。台中関係という問題としては根が深いが、台中間の感情に関して言えば、さほど深いものではないのが現状。むしろ同じ民族の「後進国」がまた何かほざいているよ、位の余裕すら感じられる。
うまく説明はできないが、日本人が外から意見するような過激な感情的対立は、ほとんどない。

SHEの報道に関してもYouTubeでソースを探す(そしてYouTubeの映像を流す)ような台湾のマスコミ。ネタが無いとつまらない事を延々と放送する。(僕が台湾で唯一嫌いなのは、やる気のない台湾のマスコミ。)
今回のSHEのニュースをテレビで見ていたが、別にどうでもいいような記事。ネット掲示板の画像が流れて、膨大な書き込みの中から何個か「中国に媚売るな」発言を探して、こんな事が書かれていましたよ、位。

北朝鮮のミサイル発射を知らない台湾人が僕の周りに沢山いる事を考えると、台湾ニュースをそのままネタにして書く産経新聞は、特定の読者に誇張されたネタを提供したいだけなんだろうなぁ、と思う。

ほとんどの台湾人が一番望むことは、今の生活・国家制度を維持する事。(平和すぎてその事を忘れてしまうが)
僕ら外国人にできる事は台湾は平和な国家であり続けなければいけないという認識を共有して、政治レベルに生かす事じゃないかと思う。多くの台湾人の生活を脅かす、独立宣言をあおる事ではない。

posted by パンダ at 15:10 |Comment(0) | 台湾の事
ブックマークに追加: はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク

05

June

2007

台湾と海賊版

台湾は海賊版天国だ。おそらく中国大陸の方がひどいのだろうがCD・DVD・VCD・テレビゲーム・Windows・オフィス等。あらゆるソフトウェアの海賊版が手軽に手に入る。任天堂Wiiのソフトの海賊版もすでに販売されている。

手軽に手に入ると言っても僕たち日本人はパッと来ないかもしれない。多くの人たちは海賊版を手に入れても使うことはないからだ。
しかしながら台湾人は海賊版を夜市(屋台街)などから手に入れてきて普通にそれを使用する。正規版だと思って買ってきたら、実は海賊版だったという話もザラだ。

なにより驚いたのがWindowsやオフィスの海賊版を利用している人が意外と多いことだ。日本ならGeek位しか手を出さないところだろうが、台湾では老若男女問わず海賊版を使っている。もしくは使っているものが海賊版だと気づかない人もいる。

台湾の平均年収は日本人のおよそ3分の1。
OSは国によって価格はほとんど違わない。日本でWindows Vista Home Premiumの価格は約25,000円〜。台湾では約8,000元×3.6=約28,800円。
物価の感覚で言うと、28,800円×3倍=86,400円。OS一つが86,400円もするとしたら、普通の人は買わない。オフィスはもっと高い。給料の一か月分に相当する。

僕は別に海賊版を擁護するわけではない。Windowsが高い・安いの前に普通の音楽CDだってMP3で周りの人間に配るのがこちらの文化だ。マイクロソフトが地域別に価格差をつけたところで今更、こういった文化が変わるとも思えない。

こちらの人は目先の利益にとても弱い。著作権も何もあったものではない。Yahoo知恵袋で他人のホームページから勝手にコピペする事は日常茶飯事。ブログでアニメキャラクターの絵を勝手に使用。あげくの果てには他のブログから無断転載で大きい顔をしている。(そしてバナー広告を沢山貼る。)

皆がそういった事をするのが当たり前だけに、皆がそいった事をされるのを恐れている。台湾のブログ・ホームページの「右クリック禁止」が高いのはそのせいだと思う。

そのため台湾の検索エンジンで良質な情報を探すのは難しい。情報が全く整理されていない。そしてどこかで見たような文章ばかりだ。オリジナリティのかけらもない。
長いスパンで物事を考えると、こういった風潮は新しい台湾文化の発展を妨げているように思えてならない。

タグ:台湾|海賊版|
posted by パンダ at 16:49 |Comment(0) | 台湾の事
ブックマークに追加: はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク

Google Maps API関連記事

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。